Skip to content

薄毛治療はまだまだこれから

まだまだ研究段階であるのが、薄毛治療になります。研究者もそして治療をする医師の数も少なく、AGAクリニックはありますが、まだまだその数は少ないのが現状です。最近は、内科等のクリニックでもAGA治療薬であるプロペシアやそのジェネリック医薬品を処方してくれるところが増えていますが、医者がAGAについて詳しいのかというと疑問です。やはり専門的な知識を持っている医者の方が頼ることができるでしょう。

これからを期待することができるのが薄毛治療になります。現時点で効果的な治療方法が確立されていますが、残念なことにすべての男性に効果があるとは言えません。個人差がありますので、効果が出なかったという人も出てきます。半年以上治療をして何も成果が出なかった場合は諦めるしかないのかというとそうではありません。

現在は毛髪再生治療の施術ができるクリニックも増えていますので、効果が出なかった場合は、この治療に可能性を賭けることも可能です。頭皮に直接効果がある医薬品を注入するタイプの治療になり、これから期待することができるでしょう。ただし医療費が掛かるというのは最大の問題点になります。薄毛治療は原則保険を使うことができません。

自分が出せる範囲の治療を選択しないと、治療を続けることができなくなり、効果が出てきた治療を止めなければならないこともあります。自分が費用を出せる範囲の選択をすることも大切ですので、よく検討して治療を選びましょう。亀頭増大のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です