Skip to content

2つの組み合わせで結果を生む薄毛治療

基本的に薄毛治療というのは、育毛と発毛を組み合わせることが大切です。よく一緒に括り付ける人がいますが、根本的には違いますので、その違いをよく理解して治療を始めるようにしましょう。育毛というのは、脱毛予防をすることも含められます。頭髪を抜けにくくして、今ある髪をより太くそして根強くするための考えた方です。

そして発毛は、抜けた頭髪をまた生やす考えになります。この2つを組み合わせることが薄毛治療にはとても大切です。男性型脱毛症のAGA治療としてもその考え方があります。育毛には内服薬であるフィンペシア錠があります。

日本ではプロペシアとして人気を集めており、そして海外ではフィンペシアといった名称で売られています。この医薬品は薬局で購入することができず、医師と対面して処方される医薬品になりますので、クリニックに行かなければなりません。実はクリニックに行くということは、薄毛治療をしなければならなくなった直接的な原因を知ることができますので、とても大切な行動になります。個人輸入代行業者で海外の医薬品を購入できるシステムがありますが、安心安全そして効果的な薄毛治療を受けるためにも、まずはクリニックに行くことをおすすめします。

発毛としての製品はミノキシジルがあり、頭皮に塗布する医薬品になります。こちらはクリニックでも取り扱っているところもありますが、薬局でも購入することができます。あくまでもフィンペシア錠とミノキシジルを組み合わせることが薄毛治療には大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です