Skip to content

最新技術を利用した薄毛治療法について

薄毛への対処法には、病院やクリニックに通ったり、育毛剤や育毛シャンプーを利用する、食べ物に気をつけるなど、さまざまな方法があります。それに加えて、最近は、最新技術を利用した薄毛治療法も注目をあびるようになりました。その1つが「HARG(ハーグ)療法」と呼ばれている治療法です。ハーグ療法とは、髪の毛の成長に必要な成分を頭に直接注射することで、頭皮が若返って髪の毛が再び生えてくるという薄毛治療法です。

薄毛になるのは、細胞の元になる「幹細胞」の働きがにぶくなることが原因ですが、この幹細胞には、もともと発毛に必要な成分が含まれています。この成分を頭皮に注射すると、幹細胞が再び働くようになり、発毛につながっていきます。また、育毛剤も一緒に注射することで、より効果を高めています。副作用の事例もなく、アレルギーを引き起こす物質も含まれていないため、安心して治療が受けられるという点でも注目されています。

また、「自毛植毛」という薄毛治療法も登場しています。こちらは発毛ではなく「植毛」による治療です。植毛と言っても、人工的な毛を植えるのではなく、自分の毛を移植する方法です。例えば、おでこの生え際だけが薄いという人の場合、他の部分から毛根ごと抜いて、薄い部分に植えつけます。

人工毛やカツラなどを利用するよりも自然に見えるという点は大きなメリットです。しかし、この治療の場合は手術が必要になります。どのような治療方法が適しているのかは、個人個人で異なりますので、医師に相談して決めていくのがよいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です