Skip to content

AGA治療はどんなことをするのか

薄毛の症状の1つにAGA(男性型脱毛症)があります。薄毛で悩んでいる方の大半がこのAGAだと言われており、20代の若い人でも発症する可能性はあります。AGAの主な原因はテストステロンという男性ホルモンと5-αリダクターゼという酵素にあります。この2つがくっつくとジヒドロテストステロンが発生するのですが、ジヒドロテストステロンと毛の根元にある男性ホルモン受容体が結合してしまうと、髪の毛の成長を止める信号が発信されてしまうのです。

これにより、髪の毛が正常に育たなくなり、抜け落ちてしまいます。AGA治療に有効とされているのがフィナステリドが配合された薬を飲むことです。このフィナステリドが配合されたプロペシアは厚生労働省より承認された初めてのAGA治療薬で、飲むことで5-αリダクターゼの働きを抑えることができます。これにより、AGAの進行を止めることが可能となります。

この治療薬は個人的に海外から輸入することもできますが、薬の信用性に欠けますので必ず医師に処方してもらうようにしましょう。フィナステリドと併用して使用すると効果があるとされているのが、ミノキシジルです。ミノキシジルには細胞分裂を活発にさせる効果があるので髪の毛の成長を早める効果が期待できます。その他にAGAはストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れとも関係があるとされていますので、AGA治療はこうした生活習慣を見直しながら、薬を利用して症状を改善させていきます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です