Skip to content

横浜のコンジローマ治療について

横浜のクリニックで行うコンジローマ治療は、他にも似たような伝染性軟属種・真珠様小丘疹・フォアダイスなどもあって判断が難しいですが、専門医だと大体は診断は見るだけで充分で、肉眼で区別が出来ないときはダーモスコープという特殊な機械を使い毛細血管レベルで確認します。横浜でも治療を行っているコンジローマは、ヒトパピローマウイルス6型または11型で出来る皮膚良性腫瘍のことで、性器周辺の皮膚や粘膜に発生します。好発部位は男性は陰茎軸部で中でも環状溝や包囲反転部に多く、他にも陰茎根部や陰毛部などにも出来ます。女性だと膣前庭部や大陰唇周辺・会陰部が多く、まれに膣粘膜や肛門周囲に出来たりします。

大きさはゴマ粒大から米粒大程度が10個未満程度で、中には巨大で数え切れないほどたくさんなって広範囲に広がることもあります。形は色々で鶏冠上と言われてますが、実際は粒状・苔状・塊状なことが殆どでそれぞれのタイプで少しずつ治療の仕方が違うので、横浜のコンジローマも治療可能な専門医へ相談したほうがいいです。これは感染症で単にイボとしてでなくウイルス感染症なため、その対応をしないと再発を繰り返します。ウイルスの免疫賦活療法がおすすめですが、一つの治療方法だけでなく患者の都合・治療経過で冷凍凝固法や外科的切除なども含めて総合的に治療を行います。

信頼できるクリニックだと有数の症例経験があり、多くの論文や講演会なども行っていて日本だけでなく海外から治療を受けに来る人もいます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です