Skip to content

人工毛と自毛植毛の違いを知る

薄毛治療は薬を使った治療だけではなく、薄くなった部分に毛を植え込んでいく植毛治療も注目されています。治療方法は大きく分けて、人工毛を植え込む方法と本人の髪の一部を利用して自毛を植え込む方法があります。それぞれの治療の違いについて知っておきたいですが、人工毛植毛の場合は、その名前の通り、人工毛を薄くなった部分に植え込んでいく方法です。この場合はすでに長い人工毛を植えることができますので、すぐに理想の長さ、ボリュームが得られます。

本物の髪ではありませんので、一度抜けてしまうと生えてくることはありません。それゆえに良い状態を保つためにはその後もメンテナンスを続けていく必要があります。それから、人工毛の場合は拒絶反応がおきやすいという欠点があります。自毛植毛は特に注目されている治療で、本物の髪を利用して薄くなった部分に植えていきます。

以前はメスを使って、髪を皮膚ごと切り取るので、傷が目立つ、ダウンタイムが長いという欠点もありましたが、今は植毛ロボットなどを利用して皮膚を切らずとも髪を採取できるようになり、大きな傷を作らずに治療が行なえるようになりました。この場合は人工毛のようにすぐにボリュームアップするのではなく、植え込んだ髪が育つのを待つ必要があります。それゆえに結果が出るまでは時間がかかりますが、本人の組織を利用しますので、拒絶反応は置きにくくなっていますし、定着した髪はずっと育ってくれますので、定着したあとはメンテナンスが必要ありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です