Skip to content

植毛の内容とメリット

頭髪は、毛母細胞の分裂により1ヶ月に1cm程度伸びる成長期が数年間継続した後に、徐々に活動が低下する退行期へと移行し、休止期を迎える事で寿命となり抜け落ちます。そして再び成長期へと戻る事により、新しい頭髪が作りだされます。この様な状態の事は、毛周期又は成長サイクルと呼ばれています。この毛周期が何らかの原因で狂ってしまうと、薄毛と呼ばれる状態となります。

薄毛は、遺伝やホルモンと強く関係しており、男性に特に多く見られる症状です。生え際から頭頂部にかけての部分は、非常に薄毛になりやすい部分です。これは、この部分の毛根には、薄毛の原因となる物質の生産に関与している還元酵素が分布しているからです。現在は、この還元酵素の阻害剤が開発されており、症状の進行を防止する事が可能となっています。

ただし、毛根の機能が喪失する様な段階にまで進行した場合は、通常の方法では元に回復する事は出来ません。そこで用いられるのが、植毛という外科的なテクニックを利用して行う薄毛治療です。植毛は、自分の毛根を薄毛部分に移植する事により、自然な発毛を実現するという治療法です。移植するだけの毛根が残存している事が条件であり、かなり進行してしまった状態からでも回復させる事が可能です。

また、自分自身の毛根を利用するので、拒否反応等の副作用に見舞われる危険がないので、安全性が高いという事もメリットとなっています。皮膚科学の専門団体でも植毛の医学的効果は確認されており、推奨できる治療法である事が公表されています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です