リフト券つきスキーツアーがお得

subpage01

自前の板やウェア持参でレンタル代は掛からなくても、ゲレンデを前に多大な出費となってしまうのがリフト券代です。それほど滑らないゆったり派であれば、同行者と回数券を分け合うという手もありますが、せっかくの滑走機会、回数を気にせず滑りたいものです。
回数券ではゴンドラやロープウェーに乗れないスキー場もありますし、やはり一日乗り放題のリフト券が欲しいところです。



とは言え、スキー場によって多少の違いはあるものの、一日券はたいてい4千円以上、ゴンドラも乗り放題の場合、5千円ほどかかってしまうところもあります。
スキー場への移動手段がマイカー以外であれば、トータルの出費を考えても、一日乗り放題のリフト券付きバスツアーがお得となることが多いです。
大抵のスキー場は、最寄りの鉄道駅からシャトルバスなどに乗り換えなくてはならないので、むしろ地元近くから出発のバスツアーのほうが便利です。
板やウェアを持って行くのであれば、乗り換えは極力少ないほうがありがたいですし、あらかじめリフト一日券が付いていれば、ゲレンデに到着してから買う手間も省けます。
首都圏からは日帰り、宿泊を問わず、シーズン中たくさんのツアーバスが出発しています。



まずは自分が行きたいスキー場を決めてから、お得なリフト券付きツアーを探してみましょう。

八方尾根リフト券に関してはこちらのサイトをご覧ください。

温泉地の場合、入浴施設の利用券が付いていたり、ランチの割引やお土産のサービスがあるツアーもあります。


一刻も早くゲレンデへと逸る気持ちをひとまず抑え、まずはじっくり探してみましょう。